Yoko Nogami Associates, LLC

International Advisory Services

米国永住権の取得・更新&市民権取得

米国ではビザの申請は弁護士にお願いすることが通常です。ビザ申請では特に信頼出来る経験がある弁護士にお願いするのが賢明です。しかし、弁護士が職業を理解していない、また申請書への英文での説明不足や間違った説明で却下されることもあります。一度却下されると問題が残りますので、特に職業や特殊な才能などの英文は気を付けないとならない部分です。そしてビザ申請と違い、永住権の更新や市民権の申請などは、特にご相談ください。申請は、ある程度自分でも出来る部分がありますし、用意する資料などを説明いたします。もし弁護士をお使いになる場合は、申請書作成の書類を揃えることや、市民権面接の米国の歴史、政治などの勉強は自分でしなければなりません。どの程度米国に住んでいるかによってもテストが変わります。そうしたことや面接当日の状況、質問などを詳しく説明をいたします。